【林修の今でしょ講座】1日10gのバターが生み出す3つの効果とは?

感染症対策?脂肪燃焼?脳の働き活性化?林修の今でしょ講座でバターの3つの効果が話題に。

バターの意外な効果について、2020年3月10日放送の「林修の今でしょ講座」が紹介していました。

スタジオで解説したバターの専門家は日本獣医生命科学大学・佐藤薫准教授

一般的に太ると言われているバターについて気になる情報でしたので、個人的メモ代わりも含めて、放送内容&感想をまとめました。

【林修の今でしょ講座】佐藤薫准教授が解説!バターの3つの効果

日本獣医生命科学大学・佐藤薫准教授が話した、バターの3つの効果。

佐藤薫准教授によると、バターを「1日10g」食べることで様々な健康効果があるという。

バター効果1:感染症対策に!免疫力UP

ビタミンAが腸内で免疫細胞を活性化→ウイルスの侵入を防ぐ。

バターには牛乳の約13倍の「ビタミンA」が含まれています。

そのビタミンAが腸まで届いて、免疫細胞を活性化→ウイルスの侵入を防いでくれるそうです。

バターには免疫力をあげるビタミンAが含まれている。ビタミンAは腸で免疫細胞を活性化してウイルスの侵入を防いでくれる。バターの原料は牛乳。牛乳をバターにするとビタミンAは約13倍増加する。

https://datazoo.jp/tv/林修の今でしょ!講座/1345804

番組では免疫力をさらにUPさせる組み合わせ2つを紹介。

・バター×ほうれん草

バター×ほうれん草がオススメ。

→ ほうれん草にもビタミンAが入っていて、油と一緒になってビタミンAを体内に吸収してくれる。

・バター×じゃがいも

レンジで作れるじゃがバター。

→じゃがいもにはビタミンCが入っていて、バターに入っているビタミンA・Eを合わせてビタミンACE(エース)が免疫力をUPさせてくれる。さらにじゃがいものビタミンCは加熱しても中々分解されない。

バター効果2:バターの成分が脂肪を燃焼?

佐賀大学の研究によると、共役リノール酸を含んだ餌を2週間ラットに食べさせ経過を観察した所、肥満ラットの高脂血症・内臓脂肪を抑制することが分かった。
佐藤薫准教授によると、海外の人への実験でも内臓脂肪が減少したという報告があるとのこと。

バターは脂肪分を集めたものなので確かにカロリーはあります。

しかし佐藤薫准教授によると、実はその脂肪の中の「共役リノール酸」が脂肪代謝を高めてくれる効果があるという。

不飽和脂肪酸の中の共役リノール酸は脂肪代謝を高めてくれる働きがある。2週間共役リノール酸を含んだエサをラットに食べさせた。肥満ラットの高止血症、内臓脂肪を抑制することが分かった。人の実験でも内臓脂肪が減少したという報告がある。

https://datazoo.jp/tv/林修の今でしょ!講座/1345804

バターの脂肪燃焼効果を高める組み合わせも番組では紹介。

・バター×牛肉

バター×牛肉がオススメ。

→牛肉はLカルチニンが多く含まれていて、脂肪燃焼を促進してくれるそうです。

※注意点として、バターのカロリーは高いので、食べすぎないのも重要。

1日10g程度を毎日摂るのが良いと話していました。

バター効果3:認知機能の低下を抑制?

バターに含まれる中鎖脂肪酸の働きについて。

佐藤薫准教授によると、バターに含まれる「中鎖脂肪酸」の働きで、認知機能低下リスクを約16%抑制するという。

パンだけを食べる人と、バターを塗ったパンを食べる人を比べると、バターを塗ったパンを食べた人のほうが、認知機能低下を抑制するという。

1日9gのバターの成分で認知機能低下リスクが約16%抑制される。アメリカの研究では中鎖脂肪酸を一定期間摂取することで記憶力の低下を抑制した研究結果も出ている。

https://datazoo.jp/tv/林修の今でしょ!講座/1345804

パン(穀物)だけを食べている人と、パンとバターを一緒に取った人と比べると一緒に取った人のほうが認知機能の低下を抑えるといった結果がでている。

https://datazoo.jp/tv/林修の今でしょ!講座/1345804

脳のためにバターと合わせたほうが良い食材は?

・バター×鮭(DHA・EPAを含む魚)

ちゃんちゃん焼きの作り方動画。

→魚の脂はDHAやEPAが多く脳にもいい。

番組では北海道の郷土料理・鮭のちゃんちゃん焼きが紹介されていました。

【まとめ】林修の今でしょ講座 バターの3つの効果

林修の今でしょ講座で話題になったバターの3つの効果まとめ。

改めて、日本獣医生命科学大学・佐藤薫准教授が林修の今でしょ講座で解説した、「バターの3つの効果」をまとめると以下になります。

  • 感染症対策に!免疫力UP→バター×ほうれん草・じゃがいもでさらに効果UP。
  • バターの成分が脂肪を燃焼?→バター×牛肉でさらに効果UP。
  • 認知機能の低下を抑制?→バター×鮭でさらに効果UP。

こんな感じの放送内容でした。

バターと言えばカロリーが高くて、太りやすい食材なのかなと思っていましたが、想像以上に体に良い効果があって驚きました。

注意点しては、1日10gを目安に食べすぎないことも大事ですね。

ということで、「林修の今でしょ講座」で解説されていたバターの3つの効果まとめでした。

少しでも参考になったら幸いです。

それでは!