【土曜はナニする】マスク老け顔対策!1日5分のシワ取りメソッド

マスク老けとは?永松麻美が教える予防・改善方法が土曜はナニする!?で特集。

2020年10月31日放送の土曜はナニする!?で「マスク老け顔対策になる、1日5分で出来るシワ取り方法」が特集されていました。

マスク老けとは、マスクで顔を隠すことで顔の筋肉(表情筋)を使わなくなり、たるみができてシワになりやすい状態になること。

そんなマスク老けを予防できる、誰でもすぐできる内容でしたので、やり方を詳しく分かりやすくまとめました。

美肌デザイナー・永松麻美が教える「1日5分のシワ取り方法」

美容家・美肌デザイナーの永松麻美さん
下北沢でエステサロンを経営し、今年3月には本も出版。

番組で美容家の永松麻美さんが解説した、1日5分で出来るシワとりメソッドです。

眉間のシワ取り方法1(鼻根筋ほぐし)

おでこの筋肉を軽く上に上げる。
人差し指で鼻根筋をほぐす。
  1. 片方の手をおでこ(生え際あたり)に当てて、おでこの筋肉を軽く上に上げる。
  2. 反対の手の人差し指を曲げて、第一と第二関節の間を鼻根筋に当てて、左右に揺らす。
  3. 5~10回ほどやればOK。

注意点として、力を入れすぎると摩擦で肌が荒れたりするので、ゆっくりと左右に動かすこと。

永松麻美さんによると、たったこれだけで鼻根筋をほぐすことが出来るそうです。

眉間のシワ取り方法2(皺眉筋ほぐし)

皺眉筋ほぐし
目を開けた状態だと眼輪筋が緊張しているので、目を閉じた状態で行うほうが良い。
  1. 眉頭から斜め上にシワを伸ばすイメージで指をスライドさせる。
  2. 左右5~10回行う。

ポイントとして、目を閉じた状態でマッサージしたほうが、目の周りの筋肉の緊張が減るのでより効果的なんだそうです。

眉間のシワ取り方法3(前頭筋ほぐし)

おでこの筋肉(前頭筋)をほぐす方法。
指を生え際あたりまで移動させる。
  1. 眉の上に4本の指を置き指圧。
  2. 小さな円を内から外に5~10回描きながら、指を髪の生え際あたりまで移動させる。

注意点として、皮膚を摩擦で傷つけないように少し浮かせて指を動かすこと。

永松麻美さんによると、これでおでこのシワの予防にもなるそうです。

ほうれい線解消方法1(頬下ほぐし)

中指と薬指のはらを使う。
頬骨下あたりの内側から際まで圧をかける。
  1. 頬骨下の内側から際までの間を、中指と薬指のハラを使って圧をかける。
  2. 頬が硬い人は、圧をかける時に左右に揺らしながら際まで移動させる。

永松麻美さんによると、これでたるみを予防し、ほうれい線を薄くしていくそうです。

ほうれい線解消方法2(頬上ほぐし)

親指の第一関節と第二関節の間の面を使う。
頬の上を圧をかけながら上下に揺らす。
  1. 親指の第一関節と第二関節の間の面を使う。
  2. 頬の上に親指の面を当てて、圧をかけながら上下に揺らす。

こうすることで、頬の筋肉を緩めて釣り上げ、深いほうれい線を予防することが出来るそうです。

ほうれい線解消方法3(舌回し)

舌をグルグル回す。
  1. 口を閉じて、口内で舌を大きくゆっくりグルグル回す。
  2. 左右10回ずつ行う。

ポイントは、ゆっくりと行うことで、口周りが疲れてきたら効いている証拠だそうです。

これは他にも虫歯の予防にもなるとのこと。

マリオネット線解消方法1(口角下制筋ほぐし)

マリオネット線ほぐし。
  1. 人差し指の第一関節と第二関節の間を使って、マリオネット線に当てて左右に揺らす。
  2. 5~10回行う。

ポイントとして、口元の筋肉を緩めた状態で行うこと。

そうすると、より効果的にほぐすことが出来るそうです。

マリオネット線解消方法2(広頚筋のばし)

顔を上に向けてアゴを突き出し、舌を出してキープ。
  1. 顔を上に向けてアゴを突き出す。
  2. その状態で舌を出して10秒キープする。
  3. 余裕があれば顔を左右に振る。

喉のあたりが締まるような感覚になれば、効いている証拠。

これは首のシワや二重あごにも効果的なんだそうです。

というわけで、2020年10月31日放送の土曜はナニする!?で特集していた「マスク老け顔対策!1日5分のシワ取りメソッド」のまとめでした。

それでは!

永松麻美さんの「シワとり方法」をさらに詳しく見る↓

(楽天Kobo)人生がときめくシワとりパーフェクトブック【電子書籍】[ 永松 麻美 ]

ヤフーショッピング最安値