ゲンキの時間:ポッコリお腹解消法!家で簡単に出来る脂肪燃焼運動&食事法とは?

ゲンキの時間 肥満治療のスペシャリスト・片山医師が伝授したぽっこりお腹を解消する食事法・運動法・コツまとめ。

2021年4月18日放送のTBS系列「ゲンキの時間」で、ぽっこりお腹解消法(食事・運動・コツ)を、かたやま内科クリニック院長・片山隆司医師が教えてくれましたので、要点をまとめました。

【痩せる食卓】ぽっこりお腹を解消する食事方法・コツ

片山医師がおすすめする痩せる食卓例。
出典:ゲンキの時間より。

肥満治療のスペシャリスト・片山医師がオススメしていた、ぽっこりお腹を解消する食事方法・コツです。

  • 小腹が減ったら歯磨きをする。(※食べる以外の行動をする)
  • 大好物は視界の入らないところに保存する。
  • 料理は大皿ではなく、1人分に取り分ける。
  • ランチョンマットに4品以上並べる。
  • 副菜からゆっくり食べる。(※副菜は冷蔵庫に作り置きしておく。)
  • 夕食偏重は絶対やめる。(※朝食抜き・夜ドカ食いなど)
  • 自分のストレス解消法を知る。(※ストレスで偽の食欲を引き起こすため)
ポイント

夕食偏重にならないための対策として片山医師は「分食」を勧めていました。
夕方におにぎりなどで軽く食事を済ませて、深夜の食事は糖質を控えて、野菜類を多めに摂ると良いそうです。
朝食抜きも食事を吸収しやすくなり、脂肪が燃えにくくなるのでNG。

【脂肪燃焼術】片山医師おすすめのステップ運動(踏み台昇降)のやり方・ポイント

医師がおすすめする、ぽっこりお腹解消法運動。
出典:ゲンキの時間より。

片山医師がオススメしていた脂肪燃焼をするステップ運動(踏み台昇降)のやり方です。

  1. ダンボールの中に新聞紙を詰め込み、高さ15cmほどの台を作る。
  2. はじめは朝と夜5~10分ずつ、上り下りをする。
  3. 慣れてきたら1日20分程度行う。

これだけでも息が上がり有酸素運動になり、脂肪燃焼に効果があるそうです。

ポイント

片山医師によると、毎日見ているテレビ番組を見ながらやるだけでも、かなり体脂肪が燃えるそうです。
慣れてきたら1日20分程度が脂肪燃焼には理想的とのこと。

※(ダンボールや新聞紙がない場合)高さ15cm以上ある安全なステップ台↓

【楽天】ステップ台(踏み台昇降)一覧 ヤフーショッピング

運動をしない日は…

運動をしない日は、家の掃除やゴミ箱を遠くへ置いたりして、家での歩数を増やして積極的に活動量を増やすだけでもダイエットに効果的なんだそうです。

ポイント

片山医師によると、「立っているだけでも意外と消費はできる。こまめに立ち上がるっていうことは実はダイエットに繋がっている。」と話していました。

犬の散歩は運動習慣(脂肪燃焼)になるの?

片山医師によると、

「ワンちゃんの散歩をただただ付き合っているだけでは、歩いたり止まったりして一定の心拍数にはならないので、体脂肪が燃えにくい。」

と話していました。

なので、息が上がる程度のウォーキングを心がけると良いそうです。

運動を続けるモチベーションの維持のコツとは?

片山医師によると、

「なるべく記録。数字を見るとダイエットの意識が続きます。例えば体重計に毎日乗る、万歩計をつけるなど、数字を見る生活をすることで意識が続く。」

と、話していました。

脂肪燃焼運動のポイントまとめ

・朝晩ステップ運動(踏み台昇降)を行う。
・運動をしない日は家で積極的に活動量を増やす。(こまめに立ち上がる)
・犬の散歩は息が上がる程度のウォーキングを心がける。
・なるべく記録をつけたり数字を見てモチベーションを維持する。

片山医師はユーチューブ動画でも太りにくい生活を解説されていますので参考までに。

というわけで、2021年4月18日放送のゲンキの時間で話題になっていた、ぽっこりお腹解消法(脂肪燃焼術)のまとめでした。

それでは!