【ズムサタで話題】20代・30代の「リモート老眼」解消法とは?

ズムサタで特集。20~30代のリモート老眼解消法とは?

2021年1月23日放送のズームイン!!サタデーで、20代・30代のリモート老眼が増えているという特集をやっていました。

二本松眼科病院・平松類副院長によると。
出典:ズームイン!!サタデーより。

リモート老眼とは、巣ごもりでパソコンやスマホ画面を見る機会が多くなり、目に負担がかかり、一時的に近くが見えにくくなる老眼のような症状が出ることを言うそうです。

中には自覚症状がない人も多いそうですが、30代男性スタッフが眼科検査をしたところ目の年齢が55歳と診断されていました。

そんなリモート老眼を解消するにはどうしたら良いのか?

二本松眼科病院・平松類副院長によると、休んだり適切なケアをすれば回復する見込みはあるそうです。

そんな平松類副院長が解説していた、リモート老眼の解消法を3つを紹介します。

リモート老眼解消法1

出典:ズームイン!!サタデーより。

まず大切なのは、目を閉じたり外を見たりして「画面を見る時間を減らすこと」だそうです。

リモート老眼解消法2

出典:ズームイン!!サタデーより。

さらに、目のストレッチとして、「30cmほどの近くと、2m以上遠くを交互に見るストレッチ」をすると良いそうです。

リモート老眼解消法3

出典:ズームイン!!サタデーより。

最後に、「40度程度に蒸らしたタオルで、1分ほど目の周囲を温めること」で、症状の回復が見られるそうです。

※その他、平松類医師はYouTubeでも視力回復方法を解説しています↓

二本松眼科病院・平松類副院長のYouTube動画。

今売れているリモートワーク向けのレンズ

出典:ズームイン!!サタデーより。

仕事や生活環境の変化で、老眼用メガネが見えづらくなった人が増えているそうです。

そこで和真では、家での生活やリモートワーク向けのレンズを開発。

中距離のテレビや近距離のスマホが楽に見えるようになっていて、去年発売してから売上は好調だということです。

和真(ワシン)公式サイト

※【大手通販サイト】その他、遠近両用メガネ↓

【ヤフーショッピング】遠近両用メガネ一覧

というわけで、ズムサタで特集していた「20~30代のリモート老眼解消法」まとめでした。

それでは!