ヤーマン:ブライトクリーンvsフォトスチーマーを徹底比較してみた

ヤーマンの人気美顔スチーマー「ブライトクリーン」と「フォトスチーマー」を徹底比較してみた。
今ヤーマンで売れている最新スチーマー・ブライトクリーンとフォトスチーマーの性能の違い・比較。どっちがオススメ?

このブログでは、テレビでも取り上げられて人気になっている「ブライトクリーン」と「フォトスチーマー」を徹底比較して「良い点・悪い点」を率直にまとめました。

【ヤーマン】ブライトクリーンvsフォトスチーマー 比較

ブライトクリーン

フォトスチーマー

サイズ
mm
W155×H216×D161W157×H299×D157
重量約1.35kg約1.6kg
給水タンク約150mL約160mL
消費電力約550W約550W
スチーム温度約40℃約40℃
ミストタンクなし約2mL
使用水水道水
精製水
水道水
精製水
化粧水
コース数
所要時間
クリーンモード/3分
スチームモード/10分
バリアモード/10分
ロングモード/7時間
ディープクレンズモード/12分
クイッククレンズモード/3分
モイストモード/53秒
シルクスキンモード/7分50秒
トーンアップモード/3分50秒
ロングモード/約7時間
Wスチーム
LEDケアなし
冷ミストなし
付属品取扱説明書
給水タンク
給水タンク
ミストタンク
風よけフラップ
計量カップ
公式保証期間1年1年
税抜価格34,800円72,000円
口コミ
星評価
アマゾン:4.70点
楽天:4.67点
ヤフーS:4.67点
アマゾン:4.20点
楽天:4.32点
ヤフーS:4.20点

※口コミ・評価は今後変動する場合があります。最新情報はリンク先でご確認下さい。

ブライトクリーンとフォトスチーマーの主な違い

ブライトクリーン
フォトスチーマー

ブライトクリーンとフォトスチーマーの主な違いとして、フォトスチーマーは化粧水を使うことが出来ます。

それにより、化粧水の細かなミストで保湿ケアが出来るようになります。

また、フォトスチーマーは温スチームと冷ミストを交互に肌に当てた美肌ケアをすることができ、肌を引き締めつつ、効率的にスキンケアが出来ます。

フォトスチーマーは、温スチームと冷ミストを組み合わせた6種類のコースから選べます。

さらに4種類のLEDフォト機能があり、ワンランク上の美肌ケアを行うことが可能です。

フォトスチーマーのLED機能。

一方でブライトクリーンは、Wスチームとわかりやすいコース設定で、シンプルながらも毛穴ケアに使いやすい、コスパの良いスチーマーとなっています。

ブライトクリーンは、使いやすいシンプルな機能ながらも、しっかりWスチームで毛穴ケアができます。

ブライトクリーンとフォトスチーマーの口コミ・星評価

ブライトクリーンとフォトスチーマーの口コミ・評価比較。(メリット・デメリット)

大手通販サイト(Amazon・楽天・ヤフーショッピング)のブライトクリーンとフォトスチーマーの口コミ・星評価を比較すると、

ブライトクリーンの星評価平均点が4.68点。

フォトスチーマーの星評価平均点が4.24点でした。

ブライトクリーンは、美顔スチーマー全体で見てもかなり高い星評価と言えます。

以下、それぞれの口コミで多かった声・気になる声をまとめました。

ブライトクリーンの口コミ(メリット・デメリット)

ブライトクリーンの良い・悪い口コミ。

ブライトクリーンの主な口コミ(メリット・デメリット)として、

  • スチーム量がたっぷり。
  • シンプルな機能で使いやすい。
  • 肌の状態が良くなった。(もちもち・ツヤツヤ等)
  • 毛穴詰まりが改善した。
  • メイク落ちが良い。
  • ロングモードで加湿器代わりになる。
  • コンパクト。
  • 動作音が大きめ。

などがありました。

スチーム機能や、シンプルな使いやすさなど、比較的好意的な口コミが多く、唯一気になる口コミとしては「動作音が大きめ」という声が一定数あるという印象です。

※↓のユーチューバーの方も「目立つ毛穴が減った」「加湿器としても便利」と話していました。

ブライトクリーンを詳しくレビューされている方の動画。

※ブライトクリーンを使った赤ちゃん肌の作り方↓

赤ちゃん肌をつくるブライトクリーンの使い方動画。
1ヶ月使ったという和田さんは「ブライトクリーンは噴射口が2つあり、毛穴ケアにかなり効果的」と話していました。

フォトスチーマーの口コミ(メリット・デメリット)

フォトスチーマーの良い・悪い口コミ。

フォトスチーマーの主な口コミ(メリット・デメリット)として、

  • デザインが良い。(オシャレ)
  • 化粧水の浸透力が上がった。
  • 肌にツヤが出た。
  • すごく潤う。
  • 温冷の組み合わせが気持ちいい。(引き締めができる)
  • タンクの出し入れがしずらい。
  • LEDフォト効果はわかりにくい。
  • コードが取り外せない。
  • 価格(定価)が高い。

などがありました。

デザインや温冷スチーム機能はしっかり評価されていますが、一方で「給水タンクの出し入れがしずらい」という声がかなり多めでした。

※↓のユーチューバーの方も「化粧水のミストが気に入った。」と話していました。

フォトスチーマーのレビュー動画。

【オススメはどっち?】ブライトクリーンvsフォトスチーマーの比較まとめ

ヤーマンの最新スチーマーの違い・比較まとめ。

改めて2つの最新スチーマーの特徴を比較して端的にまとめると以下になります。

・ブライトクリーンは、シンプルな機能で使いやすさ重視。価格が安い。口コミ評価が高い。音が気になる。

・フォトスチーマーは、化粧水が使える。温冷ケアができる。機能が豊富。タンクの出し入れがしずらい。価格が高め。

こんな感じの比較結果になりました。

価格の安さ、シンプルな毛穴ケアの機能だけで良いならブライトクリーンのほうがオススメですね。

一方で、オシャレなスチーマーが欲しい人や、化粧水もミストにしたい、もっと色々な美肌ケアをしたい人なら、価格は高くてもフォトスチーマーのほうが満足度が高いと思います。

というわけで、ヤーマンの最新スチーマー、ブライトクリーンとフォトスチーマーの徹底比較まとめでした。

それでは!

※【メーカー保証有】ヤーマン公式サイト↓